一般財団法人サンスター財団

  • サンスターホームページ
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取扱いについて

治療と検査

治療と検査の案内

■歯周病

■う蝕(むし歯)

■根管治療

■補綴(ほてつ)治療

■インプラント

■審美歯科

歯科衛生士によるプロケア

当診療所では、患者様一人一人のお口の健康に責任をもって取り組むために、担当歯科衛生士制をとっています。
う蝕(むし歯)や歯周病のリスク(危険度)を見極め、一人一人に合わせた予防・治療プログラムを歯科医師とともに作成し、
以下のようなメニューでむし歯や歯周病の予防・治療に歯科衛生士が全力で取り組んでいます。

TBI:Tooth Brushing Instruction(歯磨き指導)

う蝕(むし歯)も歯周病も原因は細菌感染です。細菌に対して患者様がご自身でできる唯一の防御手段は、毎日の歯磨きです。
細菌(=プラーク)を効率良く除去できるように、一人一人に合わせた歯の磨き方を考えます。またお口に合う清掃道具や歯磨剤をご紹介します。

PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning(歯科衛生士による歯の清掃)

毎日丁寧に歯を磨いていてもむし歯や歯周病になってしまうのは、歯ブラシだけではプラークを除去できない部分があるからです。
そこでは細菌同士が絡み合い集落をつくり、膜のようなものを張って歯面にこびりついています。これを細菌バイオフィルムといいます。
バイオフィルムは、殺菌成分などがほとんど効かないため、機械的(物理的)に清掃していくしか手立てがありません。
歯科衛生士が特殊な器具を使って、バイオフィルムを破壊しながら歯面を清掃し、最後にフッ素入りペーストを用いて磨き上げる一連のクリ-ニングのことをPMTCといいます。
PMTCによってバイオフィルムを根こそぎ剥がし、表面をツルツルな歯にしておくことで、一層ご自身による歯磨きが効果的に行えることになります。またステインやヤニなども除去できますので、本来の自然な白い歯に戻すことができます。
痛みはなく、お口の中がスッキリして大変気持ちのよい処置です。

フッ素塗布

フッ素は歯質を強化し、むし歯菌が出す酸に負けない歯にするための効果的な薬効成分です。生えたての弱い歯、むし歯になりかけの歯には積極的に使用します。また歯周病になって歯ぐきが下がり、歯根の表面が露出している場合もフッ素塗布をおすすめします。

スケーリング・ルートプレーニング

歯の表面にこびりついたプラークや歯石(プラークがこびりついて石のように硬くなったもの)を取り除き、細菌が付着しにくいようなツルツルした歯面をつくることです。歯石は歯ぐきの上の見えるところにも、歯ぐきの中の見えないところにも付いています。
前者を歯肉縁上歯石(しにくえんじょうしせき)、後者を歯肉縁下歯石(しにくえんかしせき)と呼び、歯周病の進行に関係深いのは、歯肉縁下歯石です。歯肉縁上歯石は超音波を用いた器具で1~2回程度の来院で取り除くことができます。
しかし、歯肉縁下歯石は、目で確認できないうえに、強くこびりついています。
歯ぐきの中を触りますので歯周病がかなり進んでいる方は麻酔が必要なこともあり、回数は最低5~6回はかかります。

歯周病のメンテナンス

歯周病はひとたび罹患すると完治することが難しい病気です。治療が終わったあとも、再発を防止するために、定期的なチェックとクリーニングが必要となります。来院していただく間隔は歯周病の程度によって異なりますが、健康な歯ぐきの方のメインテナンス間隔が6ヶ月~1年ぐらい毎であるのに対して、中等度以上に進行した歯周病にかかっていた方の場合は1~3ヶ月に一回はクリーニングが必要となります。

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病の関連は数多く報告されており、それぞれの疾患の相互の影響が以下のように示されています。
糖尿病への影響を減少させるためにも歯周病の治療や予防、進行抑制は必要であると考えています。

糖尿病と歯周病の関係

1)糖尿病の人は歯周病の罹患率が高い

糖尿病でない人に比べて歯周病にかかっている人が2倍以上見られるとの報告があります。

2)糖尿病の人は歯周病が重症化しやすい

糖尿病の人では歯周ポケットの深さなどの歯周病の重症度が高いとの報告があります。
また、血糖コントロールが悪いほど、合併症の発症や進行がみられますが、歯周病でも悪化しやすい傾向があります。

3)糖尿病の罹患期間が長いほど、歯周病の罹患率が高い

糖尿病の罹患期間が長くなるほど様々な合併症が起きやすいとされていますが、合併症の一つとして歯周病にもかかりやすくなります。

4)重度の歯周病があると、糖尿病の合併症の発病率が高い

進行した歯周病がある糖尿病の人ほど、血糖コントロールが悪い傾向があり、また合併症の発現も高いという報告があります。

5)糖尿病の人が歯周病治療をすると、血糖コントロールが改善する

歯周病の治療によって歯周組織の炎症が改善すると、血糖コントロールが改善することがあると報告されています。

歯周病が糖尿病に与える影響

■ 慢性炎症がインスリン抵抗性を起こす

歯周病は慢性の細菌感染症です。細菌が体に侵入してくると、体を守る働き(生体防御反応)が起こり、炎症という状態になります。
その際に作られるサイトカインという物質の中には、血糖値を下げるために分泌されたインスリンの働きを阻害するものがあり、
インスリンの効果が現れない状態(インスリン抵抗性の悪化)となります。
その結果、血糖値が悪化し、血糖コントロールが難しくなるといわれています。

■ 歯の喪失による食事への影響が血糖値を上昇させる

歯周病が進行すると、歯を失ったり、歯がぐらぐらして食べられるものが限られてしまうこともあります。軟らかい食べ物ばかりになると、食後に血糖値が急激に上昇する状態(食後高血糖)を起こしやすいといわれます。

スケーリング・ルートプレーニング

歯の表面にこびりついたプラークや歯石(プラークがこびりついて石のように硬くなったもの)を取り除き、細菌が付着しにくいようなツルツルした歯面をつくることです。歯石は歯ぐきの上の見えるところにも、歯ぐきの中の見えないところにも付いています。
前者を歯肉縁上歯石(しにくえんじょうしせき)、後者を歯肉縁下歯石(しにくえんかしせき)と呼び、歯周病の進行に関係深いのは、歯肉縁下歯石です。歯肉縁上歯石は超音波を用いた器具で1~2回程度の来院で取り除くことができます。
しかし、歯肉縁下歯石は、目で確認できないうえに、強くこびりついています。
歯ぐきの中を触りますので歯周病がかなり進んでいる方は麻酔が必要なこともあり、回数は最低5~6回はかかります。

歯周病のメンテナンス

歯周病はひとたび罹患すると完治することが難しい病気です。治療が終わったあとも、再発を防止するために、定期的なチェックとクリーニングが必要となります。来院していただく間隔は歯周病の程度によって異なりますが、健康な歯ぐきの方のメインテナンス間隔が6ヶ月~1年ぐらい毎であるのに対して、中等度以上に進行した歯周病にかかっていた方の場合は1~3ヶ月に一回はクリーニングが必要となります。

Copyright (C) 2015 Sunstar Foundation All Rights Reserved.